Bridge of Peace 平和の橋

このクラ川に架かる橋は、トビリシ市の旧市街と東部を結びます。西側には公園からはニュータウンが始まっています。

このクラ川に架かる橋は、トビリシ市の旧市街と東部を結びます。西側には公園からはニュータウンが始まっています。

このクラ川に架かる橋は、トビリシ市の旧市街と東部を結びます。西側には公園からはニュータウンが始まっています。

過去と現在の対話を象徴するモニュメントとなっている橋は、歩行者道と4本の三又ピラーで支持された曲線カーブを描く屋根で構成されています。クラ川沿いの幹線道路を結ぶ歩行者橋は、両岸の高台からと、河岸にある4本の階段を通じてアクセスできます。建築と工学が出会っている屋根は、スチール管の構造を台形のガラスパネルで覆っており、1つのメンブレインのように見えます。

殻のような構造は、トビリシ市のアイコン的存在となっており、その安定を象徴するものです。橋の中央は、市民や観光客がトビリシ市の素晴らしい景観を堪能できる「広場」として、会合、リクリエーション、文化交流に相応しい場所となっています。大統領パレス、大聖堂、渓谷に沿って広がる市の周辺地区から見える橋は、トビリシ市のエンブレムとして、移動時の目印とされます。

依頼主

旧市街復興基金

経過

デザイン: 2009

進捗状況:2010

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう