Crown Station クラウン・ステーション

「Earth Stations」という6点の建築習作を構成する Crown Station は、進化した図書館です。

人工知能が人々を面倒で退屈な事務仕事から解放する時、再び勝ち得た自由と巨大なテクノロジーの力をどのように使用するかを見つける必要が出てきます。論理的、合理的なタスクは学習マシーンと甚大なデータに取って代わられ、その結果、クリエイティブな才能と先回りする思考がますます要求されるようになります。

Earth Stations は、未来の計画のために万全の準備を整えた場所です。クオリティ・オブ・ライフ(QOL)の進化を実現するために相応しい環境条件および心理条件を約束します。これらはネットワークでつながり、インフラのノードとして構築されたステーションであり、アクセスしやすくなっています。 そこでは、美術館・博物館、ギャラリー、オフィス、劇場、舞台、バー、カフェ、レストラン、事務、屋内パーク、市場、ホワイエ、工房、店舗、ラウンジとして、多様な関心を絶えず入り混ぜながら様々な出来事が同時に起きているのです。

ステーションの屋内ではすべてが進行します。ステーション内で歩く、動く、移動することで引き起こされる偶然の出会いが、全く予期していなかった発見を生み出す最良の状況が実現するのです。絶えず移動する流れの中で、人々は、フォーマルまたはインフォーマルに、イベントやデジタル装備のある職人工房やゆっくり考えるために一人になれる防音ブースとの対話に参加します。

ステーションのすべてが、注目と精力を集めるイベントが目白押しの場所となっています。Earth Stations では、貢献する甲斐を得る、進化の価値を認識する、達成した結果を謳歌する、新たな目的地に向かって出発する、美、正当な評価、幸福のような根本的なニーズを満足させることが、誰にでも可能になります。

自分の考えと他の人々の考えに橋を架けることは常に理にかなうもの。Crown Station はそれをメタファーで表現します。王冠のフォルムは知性の勝利を象徴的に讃えるものです。2つの岩山の間に宙に浮くように建てられているステーションは、従来の図書館とデジタル時代の図書館の機能の両方を備え、最新技術の使用を通じて多様な考えやイノベーションをつなぐ役割を果たします。

Crown Station は、進化した図書館です。

所在地と規模

イメージ:溝に架けられる橋

依頼主

Amdl Circle

経過

デザイン: 2018

進捗状況:施工待ち

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう