'Il Tronco' 「イル・トロンコ」プフォルツハイム

(イタリア語で「(木の)幹」を意味する)「イル・トロンコ」は、美しい街と近くの渓谷のパノラマを一望できる、ドイツのプフォルツハイム市にあるオフィスビルです。

© Courtesy of Christian Richters
© Courtesy of Christian Richters
© Courtesy of Christian Richters
© Courtesy of Christian Richters

(イタリア語で「(木の)幹」を意味する)「イル・トロンコ」は、美しい街と近くの渓谷のパノラマを一望できる、ドイツのプフォルツハイム市にあるオフィスビルです。

バーデン=ヴュルテンベルク州にあるプフォルツハイムは、「黒い森」として知られるシュヴァルツヴァルトの北端にある、人口120,000人の都市です。

このビジネスビルは Schulbergstrasse 地区の駅付近の三角地帯にあり、幹線道路の交差点から来やすい地点にあります。四方から、そして四方を見渡せるビルは、自然の木の幹を思わせる、周囲全体を配慮した造形になっています。このようなイメージは、正方形グリッドと配した鉄筋コンクリートのフレームという典型的な格子パターンを、自然の木の肌のように歪めることで作られます。

駐車場がある赤い石造りのビル下部は、州の都市計画帳で決められた区画を厳格に守る形状になっています。その上に建てられている7階構造では、階ごとに平面図がやや変化し、内部の核部分で垂直に配置されている販売サービスの周囲に、オフィスのスペースを柔軟に組織できるように配慮されています。ビルの外側では、広い鏡面ガラスのグレーの格子にアクセントをつけるために、細いコンクリートの部分はレンガで化粧されています。

依頼主

Honoris Holding Gmbh & Co. Kg

経過

デザイン: 2009 - 2012

進捗状況:2012

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう