Medea Hotel メデア・ホテル

バトゥミの黒海を見下ろす中心部にあるホテルの高層ビルは、ソ連時代の同名のホテルである Hotel Medea を再建したものです。

バトゥミの黒海を見下ろす中心部にあるホテルの高層ビルは、ソ連時代の同名のホテルである Hotel Medea を再建したものです。

ホテルは、バトゥミの黒海を見下ろす中心部にあり、ソ連時代の同名の10~12階建ての鉄筋コンクリートビルを再建したものです。

角張った厳格なラインは、純粋な社会主義スタイルであり、主要ファサード2面に沿って狭いバルコニーが配されています。新ホテルは、周囲の碁盤状の都市計画パターンから解放された台形の平面プランで建てられているため、一目でそれとわかる建物となっています。

ホテルの入口と客室アパートの入口は別々になっています。海に面した正面入口は広い片持ち屋根があります。反対側は2階分が突き出ている構造となっており、カジノと会議場が配置されています。

建物全体はガラスで覆われており、約2 x 6 メートルと、窓に対応する 約2 x 3 メートルの二重の格子パターンのメタルフレームで支持されています。夜にはビルはライトアップされ、街の目印となります。

依頼主

Adjara Resort JSC, Development Solutions LLC

経過

デザイン: 2006 - 2009

進捗状況:2011

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう