Ministry of Internal Affairs ジョージア内務省

ジョージアのトビリシ市の空港と都市部を結ぶ幹線道路にある内務省ビルは、このジョージアの首都を訪問する人々にとって目印となる建築となりました。

ジョージアのトビリシ市の空港と都市部を結ぶ幹線道路にある内務省ビルは、このジョージアの首都を訪問する人々にとって目印となる建築となりました。

広い人口の窪地に建てられた内務省ビルは、透き通るファサードがまるで宙に浮くような視覚的効果をねらって設計されています。

ビルへは正面のなだらかなスロープと後ろの広い階段からアクセスできます。鉄筋コンクリートの構造を持ちます。ビル内には、オーディトリアム、代表者や職員およびサービスのためのオフィスがあり、すべてがビルの周りから長いリボンのようなカーテンウォールで覆われています。ビルは、45°に回転した軸に沿って左右対称の平面図を持ち、真ん中の核になる建物と両端のウィングの構成になっています。

玄関のボリュームは吹き抜けのホールになっており、欄干の付いたバルコニーがその周りを巡り、交差して、階段につながります。西のウィングには、1Fにオーディトリアム、会議場、2Fにプライベートリフトでアクセスできる大臣と副大臣のオフィスがあります。3Fには警察の中央オフィスがあります。東のウィングには、職員のオフィスとカフェテリアがあります。オーディトリアムは、内務大臣が公式の会合やレセプションに使う大きなホールがあり、ビル内では極めつけの迎賓の空間となっています。

依頼主

ジョージア内務省

経過

デザイン: 2006-2009

進捗状況:2009

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう