St Jakob's Chapel 聖ヤコブの礼拝堂

この聖別された小さな礼拝堂はドイツのバイエルン州ミュンヘン南の田舎にあり、ヨーロッパを横断するサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の道の1つ(2347km 地点)に位置します。

この聖別された小さな礼拝堂はドイツのバイエルン州ミュンヘン南の田舎の私有地にあり、ヨーロッパを横断するスペイン北西部のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の道の1つ(2347km 地点)に位置します。

5 x 3 メートルの広さを持つ建物は、フィッシュバッハウ村の周囲地区で発見された多くの宗教建築の仲間入りをするものです。内部には何もなく、祈りと瞑想の対象は外にあります。階段は、丸い窓の前にある木のベンチに続きます。窓からは、地平線と草地の縁に立てられた十字架が見えます。

室内の家具は、ベンチ、大理石の洗礼水盤、木の燭台、棚だけで構成されています。礼拝堂は、「神のコンクリート」と地元で呼ばれている石を建材としています。屋根、扉、窓の材質は木と銅です。

所在地と規模

St. Jacob's Chapel

15㎡

依頼主

非公開

経過

デザイン: 2010-2011

進捗状況:2012

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう