The Waterstone ウォーターストーン・パビリオン

持続可能で責任ある発展というテーマを扱うミラノ万博のパビリオンで、Intesa Sanpaolo 銀行はサービスと商品を紹介します。

© Courtesy of Matteo Cirenei
© Courtesy of Matteo Cirenei
© Courtesy of Matteo Cirenei

持続可能で責任ある発展というテーマを扱うミラノ万博のパビリオンで、Intesa Sanpaolo 銀行はサービスと商品を紹介します。

3個の磨いた石を思わせる建物は、そのつなぎの部分に4本の滝を配して、デザインの力を強く感じさせるものとなっています。構造用集成材(グルーラム)で作られた木製の躯体は、5メートルの間隔で配置された9個の大きなアーチ形ポータル要素を含み、それに木製の梁と板で組み立構造体構造体てた壁が合流します。あたかも干し草置場のように、木の骨組みがむき出しのままになっています。

2層の壁が外郭構造を保護しています。内側の壁は雨風を防ぎ、外側の壁は日陰を作ると同時に建物のフォルムを作り上げています。2層の壁の間隙には、空気が対流によって自然に上昇し、熱が内部に侵入するのを防いでいます。外装は、自然光による照明を実現させるために間隔を置いて並べられた白色タイルで構成されています。夜間には、LEDシステムを使用する照明エンジニアリングが、素晴らしい効果を演出します。室内は2つのレベルで構成されます。

地上階フロアは、最新のサービスを提供する革新的な支店が一般客を迎えるとともに、この銀行の文化・社会方面における貢献を示す Studio Azzurro が制作した芸術的なマルチメディアのインスタレーションが展示されています。上階には、イベントや会合のためのスペースが用意されています。

所在地と規模

Expo 2015 Milano

1104㎡

依頼主

Intesa Sanpaolo s.p.a.

経過

デザイン: 2012-2014

進捗状況:2015

何か特別なものをご要望ですか?会話を始めましょう